今ここに、不良在庫があるのだが…

アイデア商品を作ろうとして、どうにもならなくなったブログ

癖なのか、障がいなのか、哲学か、

小学校一年生の時、道徳の時間に学校の体育館で映画を見せられた。

タイトルは確か「ライオン先生」

ふと思い出してググったけれど、該当はなかった。同名のドラマはあったが竹中直人は出てなかったし、あらすじも違った。

見たのは小学校一年生なので、昭和58年くらいだと思う。

映画あらすじは、知的障害の主人公の少年が学校で問題行動をするという話しで、それを取り巻く先生や生徒たちの人間ドラマだった。

(だったと思う)

映画の途中、脳性麻痺の障害者の大人が出て来てくるので、事前に教室で先生から、映画には衝撃的な内容があるからと注意を受けた記憶がある。

主人公の少年は、自分も将来は脳性麻痺の人のようになると思い込んで悲観すると言った内容だった。

 

話の内容はそれくらいしか憶えていないが、印象的だったのは、主人公の少年が、テンションが上がると「やったー!」と言って服を脱ぐ癖がある事で、体育館のスクリーンに少年のチンチンが映るたびに、子供達みんなはクスクスと笑っていた。

 

 

さて、今月は離婚のリスクを負い、はてなプロに課金してまでブログを再開させて、以前のように毎日更新はしないまでも、1ヶ月が過ぎようとしている。

新しく新人営業マンとして仕事を始めたことによって、ブログに書くことがなくなったと感じていたが、今日ふとブログを書きたい衝動にかられ始めた。

 

今の仕事の内容を書いて会社にバレると面倒だし、続けているとなんだかバレそうなので辞めておくが、それ以外の事を書く分には問題がないと思う。

 

しかし、しばらくブログをやってみて、自分は体験談しか書けない体質だと悟った。

 

となると、必然的に、ブログに書く事は過去の体験談になる。

 

しかし、ここで別の問題が出てきた。

 

それは、僕の体験談はインターネットであまり公開する内容では無いようなので後悔するだろうと言う事。

ダジャレだけどシャレにならない事もあったりする。

 

例えば、前回のブログに書いた、友達が女子中学生レイプ未遂を起こしたり、海外で買春しようとして警察に踏み込まれたりは、印象的な出来事だが問題のない方で、今後ブログを書き進めていくと、見る人によっては、本当に嫌悪感しか持たない様な内容になっていくと思う。

 

それなのに、なぜかどうしても書きたい衝動にかられてしまう。

 

それは恐らく自分にとっては、自分を構成する印象的な出来事だったわけで、良くも悪くもその出来事があった上で今の自分があるからだ。

だから自分の事を語る上で、どうしても避けて通るのは不自然に感じる。

 

しかし、だからと言ってインターネットでわざわざ赤っ恥を晒す必要もないのだが、どこか自分の恥部をさらけ出したい衝動にかられる。

 

僕はなぜか酔うと脱ぎたくなるし、素面でも朝起きると全裸になっている事も多いし、鬱状態の時は街中で全身を赤く塗りそれを友人に頼んで撮影してもらった。

なのに撮影の際は本当に嫌だった。

 

ちなみに、普段はいたって恥ずかしがり屋なのだから、もう自分でも訳が分からない。

 

これが、映画「ライオン先生」を思い出した訳だ。

 

実は僕も小学校の頃、プールの後に裸で学校の渡り廊下を走り回ったことがある。

僕の場合は更に教室で嫌がる女の子の身体にチンチンをつけて遊んでいたので本当にタチが悪い。

 

今だと完全に発達障害の認定を受けると思うが、当時はそんな言葉は無かった。

 

とにかく、今後不定期に自分の黒歴史を晒していこうと思っている。

そして、それは最終的には、ブログタイトルである「不良在庫」につながっていく様な気がしている。

 f:id:akai33:20170709073339j:image

あぁ…きっとまたこれを書いた事で、しばらく凹むだろうなぁ。

まぁ元々ミイラって死体だけども。

仕事を始めたらブログに書く事が無くなった。

 

いや、書きたい事はあるんだけれども、自分の事をありのままに書くことしかできないので、書けないでいる。

 

新しく始めた仕事は営業なので、まだ誰も見ていないとはいえ、ブログに書いてしまうと色々と問題が出て来そうだ。

 

新しい仕事の環境に慣れるのに忙しく、昔の事を思い出してブログにする余裕は無い。

 

とりあえず、状況だけを書くと、新しい職場で1ヶ月が経ったのに、僕は全く馴染めていない。

人の入れ替わりが激しい職場で、すでに後輩が二人出来た。

今日、新たに入って来た新人は、とても爽やか好青年できっとすぐに皆んなと馴染んでいくのだろうと思う。僕だって友達になりたいと思ったくらいだった。

 

新しい仕事を覚えるだけで日々が過ぎていき、最近は不良在庫の事はあまり考えなくなった。

それ自体は望んでいた事なので、結果オーライとも言えるが、同時にブログを書く動機も無くなりそうだ。

 

環境がガラッと変わる事によって、姿勢が変わった。

そして意識まで変わろうとしている。

 

このまま行けば、今残っているモヤモヤも消え、夫婦仲は(とりあえずは)円満になり、金銭的にもしばらくは安定するだろう。

 

だけどそうなったら、みぃらは、死んでしまうな。

 f:id:akai33:20170709073622j:image

なんか少しさみしい気もする。

研修を終えて、

先週末、40歳新人営業マンとしての研修も終わり、家路に着いた。

f:id:akai33:20170625235439p:image

研修では全員が営業マンと言う事もあり、それなりにみんなと仲良くなったけど、最後まで名前と顔の一致しない人もいた。

 

振り返ればやはり社交性おばけな人達が率先して場を作っていたと思う。

 

帰りにはLINEグループが出来ていて、そこでもやっぱり社交性おばけな人達を中心に帰りの新幹線での状況などをそれぞれ報告しあってた。

 f:id:akai33:20170626095345p:image

僕も一応は参加していたが、メッセージのやりとりを眺めながら、どうにも馴染めない自分に気がついた。そういえば新幹線も1人で乗るためにお土産を買うからと、わざと時間をずらしていた。

 

やはりここでも心の中の不良在庫が邪魔をしているのだろうか。

 

本当は 仲良くなりたいはずなのに、何故かそういった社交的な場を避けてしまう。

新しい環境で心機一転やっていこうと考えているのに、自分から他人を遠ざけるような行動を取ってしまう。

 

この矛盾は何なのだろう。

 

急に自分でも不思議になり考えてみた。

しばらく考えてみて、自分なりの答えが出たのでブログに書いてみる。

 

答えは価値観だ。

 

社交性おばけと僕が名付けた人達は、社交的で誰に対しても積極的に話しかけ、会話の中心になり、場を盛り上げる。

最初に社交性おばけと名付けた時は、ただ社交性が化け物のように高いコトを表現したつもりだったが、今思うと、彼等は社交性という何も無いモノそれ自体に価値を置いているような気がする。

 

実際は、そんな人達がいるおかげで、その場は明るい雰囲気になり、皆んなも話しやすいポジティブな空気が生まれる。

今回の研修でも、彼らのおかげで、ある種の一体感が生まれ、研修の質は上がったと思う。

特に今回の研修では、講師の方も言ってたが、そういった仲間意識を上げる目的もあった様だ。

 

だけど、僕はそれを望んでいなかった。

 

だって恐らく時間が経てば今回最後に交わしたLINEグループは誰もメッセージを交わさなくなり、連絡先には誰だか分からなくなった、使わないアドレスが増えることになる。

 

僕はそれにとても虚しさを感じてしまう。

 

僕は その人と仲良くなりたいと思ったり、その人に興味を持つようになってから連絡先を聞きたいと思う。

誰か分からなくなる様な人を自分の友達帳に記載したくないのだ。
 

もちろん今後、営業マンとして働くつもりなので、仕事の上では多くの連絡先を集め、色んな人に積極的にアプローチをしていくことになるだろう。でもそれは友達帳ではなくて、顧客リストを作るためだ。

 

僕はきっと利害関係のない、ただの友人が欲しいのだと思う。

  理由などなく、ただ一緒に居たいと思うだけの人を。

 

今回の研修では、残念ながらそういった友人は出来なかった。

 

でも、良いことも少しはあった。

それは、一緒に泊まっていた数名と連絡先を交換した際に、話しのネタに例の「不良在庫」を見せてみたのだ。

 

意外な事に、その時の反応はこれまでに無いくらい良い反応だった。

 

「これは売っているのか?」

 

「自分も使ってみたい」など、

そして、

「是非いくつかゆずって欲しい」とまで言ってくれた。勿論いくつか差し上げた。

 

まぁ営業マンの言うことだから、全て本気にするわけでは無いが、それでも少しは価値を認められたのかと思うと嬉しかった。

 

とにかく、不良在庫の一部ではあるが、減らす事に成功した。

同時に心の不良在庫も少しは軽くなった。

いつかこの不良在庫が全てなくなるまで、色んな人に紹介していこうと思った。

 

全ての不良在庫が無くなった暁には、もしかすると新たな友人が出来ているのかもしれない。

 

 

 

社交性おばけ

今日から新しく入った会社の研修が始まる。


明日からの研修に向けて、僕と同じく新人の営業マンが全国から集まってくる。

短い期間だが、研修などでは同じ環境にいる事で、人と仲良くなりやすいと思う。
勿論、研修が終われば、ほとんど連絡を取る事はないのだろうが、それでも色んな背景を持った人と話をするのは嫌いじゃない。

 f:id:akai33:20170620014036p:image

新幹線の車窓から、流れる景色を見ながら、

この時はそう思っていた。

 

 

新幹線に4時間程揺られ施設に到着したのは夜の8時ごろ。

到着名簿にはほとんどサインがしてあり、僕は最後から2番目の到着だった。

 

明日からは外出禁止とのことなので、荷物を降ろして明日の朝食と飲み物を買いに行き、施設に戻ると施設1階ホールの喫煙スペースに何人かの人が談笑していた。

 f:id:akai33:20170620014043p:image

その姿を横目で見ながらエレベーターで部屋に戻る。

シャワーを済ませ少しくつろいだ後、唯一タバコの吸える1階ホールの喫煙スペースに向かう。

再度喫煙スペースに行くと、今度はまた違う人が1人だけ居た。

f:id:akai33:20170620020017p:image

 

「お疲れ様です。〇〇支店の〇〇です」

早速、挨拶される。ので僕も返す。

「お疲れ様です。△△支店の△△です」

このやり取りを、後何度する事になるのだろうか?

 

先に来ていた新人営業マンは、若い人だった。

新幹線の移動はどうだったとか、前職は何をしていたのか、研修まではどう過ごしていたのかなど、適当な世間話をしていると、

ぞろぞろと外から他の研修の人達が5人くらいで戻って来た。買い物か食事にでも行っていたのだろうか。

 

その人達はホール中央のソファーに座ってなんだか盛り上がっていた。

 

遠巻きに見ていると、とても初めて出会ったとは思えないほど盛り上がって会話していた。

先ほどの若い営業マンも、その人達の座るソファーに腰掛けて話に入る。

後から入って来た5人の中でも、特に声が大きく、社交的で明るい40代の男が、早速電話番号を聞いている。

f:id:akai33:20170620021537p:image

さっきの若い人もそれに答えてすぐに番号交換をしている。

その流れで、僕も番号を聞かれたが、

僕は部屋に電話を置いて来ていたので、「またの機会に…」と言って、その場を離れた。

 

部屋に戻り、テレビを見ながらくつろいだ後、もう一度タバコを吸いに行こうとエレベーターに向かうと、さっきの人達が上がって来ていて、騒いでる。

そして、

もうすでに何処かの部屋に集まる算段をしている。

 

 

うっ!なんなんだこの社交性は?

 

そういえば!

みんな営業マンなのだった。

驚くべき順応性だ

 

僕は完全に出遅れているし、それを取り戻そうとも思えない。

営業適正が無いのだろうか?

 

なんだか、この後の研修が一気に重く感じて来た。

 

僕はそんな事を考えながら、ひとり部屋でイラストを描き、ブログを更新している。

 

 

初めて焼いた肉を売った話。

前回の予告通り、半年で会社を潰した話を書こうと思ったけど、書き始めてみて、とても一回のブログでは書ききれないボリュームだと分かった。

それくらい、色々な事があったし、今だから笑える失敗談もあれば、書くのを迷うような重い話しもある。

 

なので今日は、どんな事業をしていたのかという事と、もう一つそれに関した軽めの話題にしておこうと思う。

 

ちょうど今から10年前になる。

 

当時30歳の僕は、神戸市中央区で、BBQ屋さんを始めた。

「街中でBBQしようぜ!」

 ってコンセプトの、なんて言うか、ちょっと攻めた感じの店だった。

f:id:akai33:20170614222002j:image

 f:id:akai33:20170614221217j:image

 

※実際の店の写真

更地に建物まで建てて半年で解体する羽目になった。

 

自分で言うのもなんだが、来てくれたお客さんの評判は良かったと思う。

たった半年の間に口コミで色んな人が訪れたし、かなりの確率でリピートしてくれた。パーティーやイベントスペースとして使いたいと言う人も多く、ブログやタウン誌などに紹介されたりした。

 

 

だけど、色々と問題が多過ぎて、本格的にオープンする頃には、すでに潰れるのは避けられない事は分かっていた。

 

結局、自分の力ではどうする事も出来ず、そのまますぐに閉店する事になったが、それまでは野外イベントを開催したり、出張BBQしたり、パーティースペースとして店でも積極的に色んなことをやった。

 

トラブルはオープンの前日にも起きた。

 

なんとオープンの前日に、たった1人の従業員と、言い合いの喧嘩になり、そいつは、そのまま辞めてしまったのだ。

きっとそれまでに、色々と溜まっていたのだろう。オープン前の数日は、明らかに不満を態度に出していた。そして一番効果的な攻撃をしたのだ。

 

その作戦は大成功と言える。

メニューや食材の手配などを全て任せていたので、僕は完全にパニックになった。

すでにオープンイベントのお客の予約は満席で入っていたし、そもそも僕は調理が出来なかった。

 

いきなりの大ピンチである。

 

仕方がなく予約してくれたお客さんに謝りの電話をして予約をキャンセルしてもらった。

 

その電話の直後、肉屋さんが大量の肉の塊を搬入して来た。

訳もわからずお金を払って伝票を受け取り、冷蔵庫にそのまま仕舞う。

業務用の大型冷蔵庫だったが、全ては入らなかったので、適当に冷凍庫にも振り分けた。

f:id:akai33:20170615001017p:image

そしてそのまましばらく途方に暮れた。

 

しかし今から誰か代わりの人を探したとしても、オープンするのはいつになるか分からない。

何もしてなくても、当然家賃はかかるし、借金の返済はやって来る。

 

 その時、友達が1人様子を見に来てくれた。

事情を説明すると一緒に心配してくれたので、少し気が晴れた。

そして、自分でやるしかないと吹っ切ることができた。

 

とりあえず、搬入された肉を切ってステーキにして適当に焼いてみた。

  f:id:akai33:20170615214759p:image

うん。美味しい。

友達と2人でステーキを食べながら、「コレはイケるんちゃう?」などと盛り上がってた。

だけど、これはどこの部位なんだろう?

分からないが、とりあえずメニューが "一品" 出来た。

 

そんなこんなで試作を作っていると、お店の建設時から興味を持ってくれていた近くに住むおじさんがやって来て、「明日オープンやろ?ワシ、友達連れて一緒に来るわ」と言ってくれた。

 

「実はちょっとトラブルがあってオープンは遅れそうなんです…」僕が正直に話すと、

 

「友達誘ってもうたから、何とかしてよ、4人ぐらいなんとかなるやろ?」

この人は、建設中も何かと世話を焼いてくれていた。きっと親切心で言ってくれているのだろう。

とても嬉しかった。

が、正直、不安しかなかった。

f:id:akai33:20170615214157p:image

 

強引に押し切られる形で、とりあえず次の日にプレオープンすることになってしまい、それまでに一通りのメニューを考える事になった。

 

たまたま来ていた友達とメニュー作りがスタートした。ちなみにその友達も、料理は全くした事がないので、かろうじて自炊くらいは出来ていた僕が当然作る事になる。

 

店の食材をメインにスーパーで足りない食材を買い足して、いくつかのメニューを作った。

 

ホットドッグ、カレー、野菜の丸焼き、厚切りベーコン…かなりショボい内容だが、BBQ屋さんと言うコンセプトのお陰で、そんなメニューでもそれっぽい感じにはなった。

メインは一番最初に作ったステーキだ。

 

そして迎えたプレオープン。

近所のおじさんは、言った通り友達を連れて4人で来店した。

自分1人で迎えたお店の初めてのお客さんだ。

 

不安だらけで緊張しまくる僕の心配をよそに、プレオープンは和やかで楽しい雰囲気で終える事ができた。

ただし一点、メインのステーキだけはあまりお気に召さなかったようで、これはどこの部位なのかを何度か聞いてきた。

最初ははぐらかしていたが、本当に分からなかったので、正直に「今度、肉屋に聞いておきます」と言って、適当に金額をつけてその日は終わった。

 

後日、肉屋さんが注文を取りに来た時に、まずお肉について聞いてみた。

僕は冷凍された肉の塊を指し示し、

「コレ、どこの部位ですか?」

「ステーキで食べたんだけど、どこか分からなくて…」

f:id:akai33:20170615001027p:image 

お肉屋さんは、即答するかと思いきや、ラベルを何度も確認し、凍った塊を取り出したりしながらゆっくりと答えた。

 

「これ、豚肉ですよ」

 

 

 

 

 

 f:id:akai33:20170615001034p:image

 

 

勿論その日からメニューにステーキは無くなりました。

 

 ちゃん、ちゃん。

 

 

 

※ちなみにそのおじさんは店を潰すまで何度もリピートしてくれました。ホント、何事も無くて良かったです。

 

 

 

不良在庫のプレゼン

今回はブログのタイトルの不良在庫であるアイデア商品の説明をザッとしておこう。

 

本当は、作るに至った経緯や、なぜ作ろうと思ったのか、などをブログでコンコンと語ろうと思っていたのだが、あんまり引っ張って期待値が上がってしまってもヨロシクないし、ブログのタイトルにしている以上、もし気になった人がいた場合、その人に対して結論を先に出していないと余計な時間を取ってしまう。

 

そんな事はしたくない。

 

だからズバリ言っておく。

 

天才的なアイデアの正体を。

 

f:id:akai33:20170613201403p:image 

私は3つのアイデアを発明した。

1つ目は、

デザインできるタグタイプのアクセサリー

 f:id:akai33:20170613201201p:image

 

2つ目は、

身につける革新的なエアフレッシュナー

 f:id:akai33:20170613201235p:image

 

3つ目は、

画期的なインターネットコミュニケーションアイテム

 f:id:akai33:20170613201249p:image

 

 いいかい?

実は、これらは3つに分かれていないんだ。

 

わかるかい?

これは、1つなんだ。

 

 そして、

名前はこう呼ぶんだ。

 

「me-tag!」

f:id:akai33:20170613201947p:image

 

ごめんなさい。

調子に乗りました。

 

コレです。

f:id:akai33:20170613202524j:image

 

本当です。

 

これを試行錯誤して作りました。

f:id:akai33:20170613202806j:image

色もイロイロあります。

 

「 なんだこれ?」

 

そう思ったあなた。

分かります。よく言われます。

 

だから、不良在庫なんです。

 

でも、アクセサリであり、エアフレッシュナーであり、コミュニケーションアイテムであるのは、本当なんです。

 

とりあえず、ブログタイトルの不良在庫とは何なのか?

これがオチです。

 

 

オチは先に言いました。

これで、無駄な時間は取られません。

 

 その上で、「もう少し付き合ってあげよう」

というならば、他のエントリーも見てください。

 

本当に面白いものなのか?

 

何に使えるのか?

 

どんな経緯で出来たのか?

 

出来るだけ楽しく紹介したいと思います。

 

それに、社会という名のピラミッド。

その底辺に落ち着くまでに、本当に色んな事がありました。

 

そんな話も書いてきます。

 

…そうですね。

まずは、会社を作って、半年で潰した話でもしますか。

 f:id:akai33:20170615200904p:image

残ったのは虚無感と不良在庫

ブログタイトルの通り。

と言っても、大量の借金を抱えてるわけでも、売りさばこうとしている訳でもない。

 f:id:akai33:20170612030349p:image

もうあきらめたビジネスだ。

それに、しばらく時間も経っている。

 

そうだ、まずは自己紹介を始めよう。

名前は「みぃら」ってのはどうだろうか?もちろん(仮名)だ。

今はタマシイの抜け殻のようになっているので、ちょうどいいだろう。

それに社会という名のピラミッド。その底辺に住んでる。

f:id:akai33:20170612045825p:image

 

4年ほど前に、あるアイデアを思いつき、そのアイデアを商品化すべく、仕事の合間に少しずつ試作品をつくったりして試行錯誤を続けてきた。

その間に、いろいろな人に商品を見せたり、説明したり、渡したりしたが、どうも反応は良くなかった。

そして、先ほども書いた通り商品化をあきらめ、今に至るという訳だ。

 

つい先日、新しい仕事も決まり、今は研修中。

40歳で新人営業マンとして再スタートを切っていこうと思っている。

 そんなおり、こうやってブログを始めたのは、新しい環境で心機一転やっていこうという状況の中で、心の中にも、自宅の片隅にも、文字通り不良在庫があるからだ。

 

ビジネスにすることは諦めたものの、作ったもの自体は今でも良いものが出来たと思っている。実際自分で使ってみた感想としては、「もし、多くの人がこれを使うようになれば、きっと人生は楽しい!と思う機会が現れるはずだ」と思えるものにはなった。

しかし今、目の前には陽の目を見ることのなかった夢の残骸が転がっている。

 

「せめて、作った分くらいは誰かに使って欲しい。」

 

ブログならば、これまで説明してきた人達の何倍もの人にも伝えることができるし、

今はタマシイの抜け殻になってしまったが、これまでの経緯や思ったこと、やりたかったことが記録としても残せる。

そんな感じでブログをはじめてみた。

 

まぁ、せっかく始めたんで、不良在庫のこと以外にも個人的な雑記や過去の思い出話しなど、あまりこだわらずに続けていければいいなと思っている。

 

不良在庫については、今後詳細を紹介していくので、

もし、興味を持った人が居たならば無料で差し上げようと思う。